新「仮想通貨虎の巻」ブログ

2017年に入り、急速に認知されている「仮想通貨」ですが、価格の高騰に伴い、仮想通貨投資に参加したいが良くわからなくて参加できないと思っている「仮想通貨初心者」の方に向け、仮想通貨とは何か?、仮想通貨へ投資する為にはどうしたらいいのかを分かり易く解説しています。

最近興味深い IOTA を調べてみた結果  〜ブロックチェーンとタングルの違い~

f:id:keep_it_100:20170806122135p:plain

最近話題の、「IOT」一般的にも言葉は普及していて、「モノのインターネット」なんて呼ばれ方もしています。簡単に言ってしまえば、物自体(家電)がインターネットに接続された状態のみならず、情報交換する事で互いに制御するといった未来技術です。 これが実現されれば、例えばウォーターサーバーの水の残量が自動的に送られ丁度無くなる時期に納品されるなどと言った未来が待っているのでしょうね・・

で、この「IOT」に絡む仮想通貨が存在するので、今回は、その仮想通貨「IOTA」について調べた結果を記事にしようと思います。

また、仮想通貨で有名な「ブロックチェーン」と違う「タングル」と言った技術も登場しますので、そのへんも仮想通貨投資初心者の方へ分かり易く伝えたいと思います。

 

仮想通貨「IOTA」とは・・・

仮想通貨IOTAとは、ブロックチェーンレスの仮想通貨で有り、極小で高頻度にトランザクションを処理する事が可能なプラットフォームを目指し作られています。

 

仮想通貨「IOTA」に使用される「タングル(tangle)」とは

ブロックチェーンと異なり、ブロックへ情報を書き込み前のブロックのハッシュを含むデータ構造を持たず、有効非巡回グラフを使用した分散型台帳技術です。

【タングルの特徴】

  • ブロックチェーンレス
  • ノードが一貫性を証明する際、POW(プルーフ・オブ・ワーク)する。
  • 手数料が掛からない

 仮想通貨IOTAの将来性は??

この仮想通貨IOTAの将来性を個人的に考えてみると、「IOT」の進み方では大いに将来性が有ると思われます。現在、「IOT」という言葉だけが広がっていますが、この「IOT」に必要な技術である インターネットとの繋がりですが、ただ繋がるだけでは意味が有りませんので、冒頭にお伝えした通り「IOT」を介して互いに管理しなけらばなりません、しかし管理する仕組みには「承認」いう作業が伴い、「IOT」を有した製品を生み出す企業に そうしたコストが掛かるのが現状でした。しかし「IOTA」のタングル技術を使用すれば、「IOT」化は促進されると思いますし実現されれば「IOTA」の価格は高騰する可能性を十分に秘めていると予想されます。

 

※要注目の「COMSA(コムサ)」について

 要注目です。仮想通貨初心者の方は特に見ておいた方が良いかもしれません。

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com


仮想通貨ランキング