新「仮想通貨虎の巻」ブログ

2017年に入り、急速に認知されている「仮想通貨」ですが、価格の高騰に伴い、仮想通貨投資に参加したいが良くわからなくて参加できないと思っている「仮想通貨初心者」の方に向け、仮想通貨とは何か?、仮想通貨へ投資する為にはどうしたらいいのかを分かり易く解説しています。

テックビューロ株式会社が手掛けるプライベートブロックチェーン「Mijin(ミジン)」を中部電力へ提供開始!

仮想通貨界隈のバブル状態から早3ヵ月が立ち、8月1日の仮想通貨ビットコインキャッシュの話題から、その他の仮想通貨関連でも話題が持ち切りですね!

やはり注目する必要があるのが、仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」を運営されているテックビューロ株式会社さんの、「Mijin(ミジン)」、「COMSA(コムサ)」でしょう。

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 

仮想通貨投資初心者の方は、是非この2つのキーワードを調べて欲しいと思います。現在の仮想通貨界隈の流れとして、新規に発行される仮想通貨への投資については、ICOでの参加が殆どで、このICOも将来的には規制され詐欺まがいの案件が乱立する現在の状況を脱却すると思われます。

また、その中でCOMSA(コムサ)の様に仮想通貨を使用した資金調達ICOソリューションが今後中心となるの出は無いかと思います。

ベンチャー企業とICOとの相性は非常にいいと思われますので、このCOMSA(コムサ)の様なプロジェクトは非常に有効なのだと個人的に思います。

更にこうした、ICOと企業を繋ぐ事で、仮想通貨自体の結びつきを強化し仮想通貨ビットコインやイーサリアム、ネムの価値は更に上がるのではないかと期待しております。

f:id:keep_it_100:20170803220146p:plain

 

なお、テックビューロ株式会社が手掛けるもう一つのプロジェクト「Mijin(ミジン)」に関しては、中部電力が「mijin実証実験」をされるいうニュースが飛び込んできています。こうした流れは、実証実験が成功するにつれ当たりまえの様に「プライベートブロックチェーン技術」の活用事例が増え、今後されなる発展が期待できるのではないかと思っています。

詳細は「Mijin(ミジン)」公式サイトより引用させて頂きました⇩⇩⇩

テックビューロが、エネルギー分野でブロックチェーンの活用を検討する実証実験にmijin®を提供。

報道関係者各位

テックビューロ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:朝山 貴生、以下「テックビューロ」)は、中部電力株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:勝野哲、以下「中部電力」)にて行われた、エネルギー分野におけるブロックチェーンの活用を検討する実証実験に、インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、以下「インフォテリア」)と共に参加し、mijin®ブロックチェーンを提供しました。実証実験は2017年7月3日〜28日に開催されました。

 

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 

 是非、これからもテックビューロ株式会社さんの手掛けるビジネスが成功し、仮想通貨業界には更に発展してほしいと思います。