新「仮想通貨虎の巻」ブログ

2017年に入り、急速に認知されている「仮想通貨」ですが、価格の高騰に伴い、仮想通貨投資に参加したいが良くわからなくて参加できないと思っている「仮想通貨初心者」の方に向け、仮想通貨とは何か?、仮想通貨へ投資する為にはどうしたらいいのかを分かり易く解説しています。

テックビューロ株式会社さんが新たに手掛けるCOMSA(コムサ)「COM鎖」についての調査・登録レビュー!

 

f:id:keep_it_100:20171003055100p:plain

10月2日(14:00)よりプレセールが開始されたCOMSAプロジェクトのICOですがキャンプファイヤーの案件により波乱の幕開けになってしまいました。

しかし、COMSAプロジェクトへの注目は高く既に多くのCOMSAトークン買いが入っています。私も既に3000COMSAトークン程度のZAIFトークン振替を行いました。

このCOMSAプロジェクトからは目が離せません!!そして、まだCOMSAプロジェクトに参加するのは遅くありません。現在、ZAIFトークンも値が落ちていますから、振替購入をするならZAIFトークンを購入しCOMSAトークンへ振替する方がお得かもしれませんよ!

 最新情報:COMSAの買い方

COMSAプロジェクトが10月2日より開始されましたがZAIFトークン振替による買い方が良くわからないという方が増えています。

今回は、COMSAの買い方についてZAIFトークン振替による方法のポイントをご説明します。 たぶん、購入できないという方の迷われるのは下の振替使用としたのに振替出来ないといった内容ではないでしょうか?この画面の吹き出し部に振替額を入れないとその後に進んでも振替出来ないので注意して下さいね!

f:id:keep_it_100:20171003055533p:plain

 

 

 

テックビューロ株式会社が手掛ける「COMSA(コムサ)」とは何?

先ほどから「COMSA(コムサ)」とか「COM鎖」とか言っていますが「なんだ?」って思われる方が殆どだと思います。

この「COMSA(コムサ)」とは、テックビューロ株式会社さんの手掛けるプロジェクトで有り将来有望と思われる「トークン」なのです。

COMSAプロジェクトへ参加をお考えの方は必ず「ホワイトペーパー」を読んで「下さい!ネットでの間違った情報が多く出ていますので注意が必要です。

下記バナーより公式サイトへ移動可能です。⇩⇩⇩

 

f:id:keep_it_100:20170803220146p:plain

 

COMSA公式サイトより引用させて頂いております。⇩⇩⇩

 COMSAとは

背景世界のブロックチェーン業界では、2017年6月の時点で過去12ヶ月間のICO(Initial Coin Offering – 仮想通貨発行による資金調達手法)による資金調達総額が、ベンチャーキャピタルにより大幅に上回りました。そのような中、7月25日に米SECがThe DAOが金融商品に該当しうると発表し、ICOの法的なポジションも国際的にクリアになることが予想され、ICOを実施する企業にはますます綿密な設計が必要となります。

一方、多くの企業がICOを希望するものの、基本となるブロックチェーン技術の導入には様々な問題がつきまといます。その中の一つとして、暗号通貨の法定通貨に対するボラティリティであり、会計上や監査上の様々な煩雑さを引き起こしています。そして期待とニーズに、既存のソリューションが対応しきれていなかったのが最も大きな障壁となっていました。

COMSA は、これら課題をまとめて解決すべく、企業のICOによる資金調達と、既存アセットのトークン化技術、Zaif取引所、そしてmijinプライベートブロックチェーンによる内部勘定技術をワンストップのソリューションとして提供し、実ビジネスへのブロックチェーン技術導入を一からサポートいたします。

 COMSA(コムサ)のイメージは、下の図のようにCOMSA(コムサ)を介して様々な仮想通貨の取引や、企業経済と企業と暗号通貨(仮想通貨)使用者を繋ぐ役割を目的としています。

f:id:keep_it_100:20170803205256p:plain

COMSA(コムサ)のペッグ制とは・・・

そもそもペッグ制(ペッグ)と言う聞きなれない言葉は、固定相場制とい日本円など特定の通貨と自国通貨の為替レートを一定に保つといった制度の様です。

言い換えれば様々な仮想通貨の相場の変動を固定するか最小限に抑えるといった事かと解釈しています。(間違っていたらごめんなさい)

日本の場合は変動相場制であり、仮想通貨界隈はまだ発展途上の為、当該ペッグ制を導入しようとしていると思われます。この様にCOMSA(コムサ)プロジェクトが如何にこれから必要とされるプロジェクトか理解頂けると思います。

※興味のある方は、まずCOMSA(コムサ)公式サイトで「ホワイトペーパー」をダウンロードして読んでみましょう!

 

COMSA(コムサ)チームの紹介

f:id:keep_it_100:20170803214205p:plain

 

COMSA(コムサ)パートナー企業

COMSA(コムサ)へ参加している企業は下記の通りです。 株式市場でも注目を集めている企業さんばかりです。

f:id:keep_it_100:20170803214443p:plain

COMSA(コムサ)の今後のスケジュール

COMSA(コムサ)への参加スケジュールですが、本日よりCOMSA(コムサ)へ事前登録が開始されておりますので、これからと言ったところです。COMSA(コムサ)事前登録の方法は簡単ですので下記に記載しております。

f:id:keep_it_100:20170803214700p:plain

 COMSA事前登録方法

COMSA(コムサ)登録画面より、メールアドレスの入力欄とパスワード入力欄がありますので入力し 「登録」をクリックします。

f:id:keep_it_100:20170803215846p:plain

「登録」を押すと、登録したメールアドレスにCOMSA(コムサ)側から確認メールが届くのでメール本文中のURLをクリックしCOMSA(コムサ)サイトへ移動し「登録完了」画面が出れば登録は完了です。

f:id:keep_it_100:20170803220146p:plain

 

以上がCOMSA(コムサ)のレビューです。

今後もCOMSA(コムサ)については要注目ですし、このCOMSA(コムサ)プロジェクトが成功すれば仮想通貨NEMやZAIFトークンと言った仮想通貨の高騰も十分期待できるのではないかと、個人的にCOMSA(コムサ)プロジェクトの開始が楽しみで仕方ありません。

仮想通貨NEM好き、ZAIFトークン好き、テックビューロ好きの方は要注目でお願いしたいところですね!

 COMSA(コムサ)のリファラル特典目当てで招待URLを無差別に拡散すると登録抹消?

 個人的には、関係の無い話だと思いますがCOMSA(コムサ)プロジェクトには「リファラル特典が有ります。 これはアフィリエイト報酬と同じ様なもので、COMSA(コムサ)へ知人・友人を招待すると頂ける特典です。

特典の内容は、全発行総量のうち5%が分配頂けます。しかし、このリファラル特典目当てに無茶苦茶な拡散をする人が居たらしく、今後は厳しくなるようですから、無暗やたらに拡散すると危ないかもしれませんよ!しかし良くも悪くもCOMSA(コムサ)プロジェクトは話題になりそうな案件ですね!

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 


仮想通貨ランキング