新「仮想通貨虎の巻」ブログ

2017年に入り、急速に認知されている「仮想通貨」ですが、価格の高騰に伴い、仮想通貨投資に参加したいが良くわからなくて参加できないと思っている「仮想通貨初心者」の方に向け、仮想通貨とは何か?、仮想通貨へ投資する為にはどうしたらいいのかを分かり易く解説しています。

仮想通貨取引でよく耳にするPOW(プルーフ・オブ・ワーク)とは・・・

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

f:id:keep_it_100:20170731212520p:plain

仮想通貨取引でよく耳にする単語でPOW(プルーフ・オブ・ワーク)って言うのが有るのだけど、どんなシステムなの?って質問を受ける事がしばしばあります。

仮想通貨初心者で有ればPOW(プルーフ・オブ・ワーク)が何なのかいまいちピンと来ないかもしれませんね。 ただ、POWを理解しないと、POW以外のシステムを理解する事が出来ませんのでしっかりと覚えて欲しい内容です。

POW(プルーフ・オブ・ワーク)を理解するにはまずはブロックチェーンから

POW(プルーフ・オブ・ワーク)を理解するには、とりあえずブロックチェーンという仕組みを知る事から始まります。 このブロックチェーンですが、最近の雑誌等で取り上げられる事も多い仕組みで、ビットコインのシステムの1つです。

ブロックチェーンの仕組みは、ビットコインに管理者不在の状態でも機能させる力を与えている仕組みであり、誰もが参加出来るネットワーク上っで送金履歴をやりとりする事ができる事でお金としてビットコインが使用できるようにしています。

ブロックチェーン自体は、ビットコインで新規に取引された送金情報を1ブロックとして生成しブロックの鎖を形作っていくのです。

とりあえず、ブロックチェーンとはこの様なシステムで有り、ビットコインの根幹です。そして、POW(プルーフ・オブ・ワーク)はこのブロックチェーンのシステムを機能させるのに必要な仕組みとなります。

詳しくは過去の記事にもブロックチェーンの事を書いているので参考にして下さい。

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 POW(プルーフ・オブ・ワーク)の仕組みとは?

ブロックチェーンの仕組みは、簡単に説明するとブロックが10分毎に作り出され、最初に計算を解いた者が次のブロックを作り出せるという仕組みが存在します。 そこで、この計算をコンピューターで繰り返し行うといった仕組みです。計算が解かれると、解いた者はビットコインを対価として受け取る事で報酬を得ます。そして、この計算を解く事で送金時の承認がされるのです。 この承認作業を採掘(マイニング)と呼びます。 これは、計算を何度もコンピューターで繰り返しビットコインを掘り出す事から、鉱山から金を採掘する事に例えて採掘(マイン二ング)と呼んでいるのです。

実際にビットコインは「デジタルゴールド」とも呼ばれています。

初めて説明を見る方には少々分かりにくいかもしれませんが、仮想通貨投資を実施していく中で雰囲気がつかめてくると思います。

まずは、仮想通貨取引所に口座を開設する事で学ぶことが多くありますので宜しければ下記バナーより公式サイトへ移動下さい。

 

f:id:keep_it_100:20170709162903p:plain

 

また、どんな仮想通貨が有るのか知らないよって方は、過去の記事よりチェックをお願い致します。

 

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com