新「仮想通貨虎の巻」ブログ

2017年に入り、急速に認知されている「仮想通貨」ですが、価格の高騰に伴い、仮想通貨投資に参加したいが良くわからなくて参加できないと思っている「仮想通貨初心者」の方に向け、仮想通貨とは何か?、仮想通貨へ投資する為にはどうしたらいいのかを分かり易く解説しています。

仮想通貨の価格の変動要因には、中華人民共和国が関わっている

f:id:keep_it_100:20170730225844p:plain

仮想通貨投資に挑戦しようとお考えの仮想通貨初心者の方に、是非理解して頂きたい事が有ります。それは、仮想通貨に投資するリスクの一部として開発者とマイニング(採掘)などを手掛けるユーザーの対立や、そのコミニュティーの動向が仮想通貨の価格変動に関わっているという事実です。

仮想通貨とは、中央集権が無いモノで有るはず・・・

今回のお話は、仮想通貨を理解していく中で非常に重要な内容なのですが、仮想通貨ビットコインを初めとする アルトコインなどの仮想通貨は、基本的には中央集権(管理する組織)が無いモノが殆どです。 中央主権が有るのは仮想通貨リップルが有名ですね。 この、中央集権が無いという事が、仮想通貨ビットコインが普及する理由の一つになっている事も理解して頂きたいので、今回この内容を取り上げて記事を書いてみました。 なぜ、中央集権・・・、要は仮想通貨をコントロールする組織が無い方が良いのかと言うと中央集権で有れば日本円や海外の通貨と同様に、政治的な都合や経済的な都合で価値をコントロールしたり、発行枚数をコントロールしたりできるのです。 こうしたコントロールは 確かに必要ではあるのですが、その国毎の都合が有りますので、世界各国共通の通貨というのは、現在まで存在しなかったのですね。

ところが、仮想通貨ビットコインの誕生により非中央集権の通貨が誕生したのです。

仮想通貨ビットコインは、中央集権的な面を持ってしまってる

仮想通貨として有名なビットコインですが、仮想通貨の元祖でありアルトコインとは別格です。 仮想通貨初心者の方に間違って欲しく無い事として、最近の仮想通貨情報を発信しているブログやサイトでは、ビットコインを超えるなど様々なフレーズを付けて宣伝している内容が有りますが、実際にビットコインを超える事は至難の業だと思います。 仮想通貨の中でもビットコインは仮想通貨全ての原点ともいえるモノですから、まず超える事は難しいでしすし、現在の仮想通貨ランキングで上位に入るイーサリアムもビットコインを超えている訳ではなく、あくまで仮想通貨ビットコインと違う路線で優秀な仮想通貨な訳です。 要はジャンル違いな感じでしょうか・・・、とにかく元祖仮想通貨ビットコインは別格なのです。

しかし、この仮想通貨ビットコインについては、本来では中央集権的で無い事が求められる仮想通貨にあって、残念ながらそうで無くなっている現状が有ります。

その、原因はPOW(プルーフ・オブ・ワーク)と呼ばれるブロックチェーン技術の仕組みの一つである「採掘(マイニング)」と呼ばれる承認行為です。

この承認とは、仮想通貨ビットコインを送ったり受け取ったりする際の、やりとりを第三者が「承認」する行為です。これをする事で、送金が第三者により手助けされ不正の無い取り引きが出来るのです。 今回、その仕組みについては言及しませんので過去の記事を見て頂ければ幸甚です。

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 

で、この「承認」の際行う「採掘(マイ二ング)」ですが実は約9割が中国で行われています。その事実が知りたければ、「ブロックチェーンの衝撃」を読んで下さい。書いてありますので・・・

この中国が9割占めていると言う事ですが、もろに中央有権ですやん・・といった感じですね・・・。

今回、問題になっている8月1日のビットコインの分裂問題も同様にこの中央集権的な事が災いして起こっている事が事実として有ります。

中国が「採掘(マイニング)」の9割を占めている理由とは

仮想通貨ビットコインの採掘(マイニング)作業の9割を中国が占めている理由は、やはり電気代の安さです。 この、採掘(マイン二ング)と言う作業ですがブロックチェーン機能としては 非常に重要な事で、ブロック毎のデータを繋ぎ合わせる「採掘(マイニング)」する事となります。 この際、ブロックを繋げる事が出来るのは、10分間に一回だけなのです。 この採掘(マイン二ング)作業には、採掘用の専用機とプログラムを使用して計算式を解かせます。 計算を解くためのPCには大量の電気を使用する為、莫大な電気代が必要なのです。こうした条件で行う「採掘(マイ二ング)」ですから、物価の安い中国で無ければ割に合わないのです。

中国政府もビットコインの動向には注意している

度々起こるビットコインの暴落には中国政府が絡んできます。 絡んでくる理由は非常に簡単なモノで、中国内部の財産が流出しないようにです。

国際的に価値を認められたビットコインですが、現在1BTC=30万もしますね・・

非常に高いです・・・、そこで価値が有ると判れば投資したくなるのも理解できると思いますが、そうなった場合、中国人の方が日本でビットコインを購入しようとしたら中国のお金が大量に日本に流出します。 こうした中国からの海外への資金流出を中国政府は嫌っているのです。

しかし、中国人の方は商機を逃さない民族性ですから注意されても仮想通貨に投資するのが現状で結局、中国の資金は流出していますので 突然、政府からビットコインの取引を阻害する動きが有った時には、暴落などビットコイン価格に影響が出るのです。

 中華人民共和国の投資家が次に投資するであろう仮想通貨は・・・

f:id:keep_it_100:20170709150421p:plain

仮想通貨の中でも中国人の方が投資するのは、ビットコインが多いのかもしれませんが、次なる仮想通貨が気になりますよね・・・。

個人的な予測となりますが、中国人投資家が次に投資する投資先は仮想通貨NEM(ネム)だと予想しています。

何故かと言うと、中国では日本に対する様々な感情をお持ちの方がいらっしゃると思いますが、色々な思いはさて置いて、それだけ日本に関心を持たれているという事です。

日本の仮想通貨界隈で注目を浴びてる仮想通貨と言えば仮想通貨ネム(NEM)となるのです。仮想通貨ネム(NEM)とは、ビットコインのプログラムを使用せず、いちからプログラミングされた実力派の仮想通貨です。 更に、日本で開発されたプライベートブロックチェーンのMijin(ミジン)の兄弟とも呼べる仮想通貨で、日本の取引所でも既に2か所で取り扱いがされている仮想通貨となります。

必ず、この情報は中国国内でも知れ渡り有望な投資先の一つとして投資される事でしょう。現在、仮想通貨ネム(NEM)の価格は1XEM=19円程度と、まだまだ安いですが数年先には何円になっているか検討がつきません。

中国の方が投資される前に、手に入れたい仮想通貨だと思います。

 

f:id:keep_it_100:20170709111529p:plain

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 


仮想通貨ランキング