新「仮想通貨虎の巻」ブログ

2017年に入り、急速に認知されている「仮想通貨」ですが、価格の高騰に伴い、仮想通貨投資に参加したいが良くわからなくて参加できないと思っている「仮想通貨初心者」の方に向け、仮想通貨とは何か?、仮想通貨へ投資する為にはどうしたらいいのかを分かり易く解説しています。

ビットコインの機能 プルーフ・オブ・ワーク(POP)とは・・・

仮想通貨の祖であるビットコインについて、仮想通貨へ投資する前に少し知識として持っている方がいいなと思う内容を今回はご紹介します。と言うのも、私自身が初めて投資をする時に専門的な機能などがさっぱり分からなくて、新しいアルトコインなどが「どこが優れているのか」全然分からなかった経験があります。現在も専門知識が乏しいので全てを理解する事は無理ですが、基本的な機能については頭にいれているのでビットコインの機能と比較して「こう違う」といったように「機能的な違い」が分かる様になりました。 今回は、この様に基本的な違いが少し分かる程度のレベルでビットコインの機能を知って頂ければ幸いです。

 POPとばれるプルーフ・オブ・ワークとは?

仮想通貨ビットコインは、ご存知の通り「発行者がいない」決済が可能なデジタルマネーです。この発行者(運営者)がいない状況でこのビットコインに信用を与える仕組みが「POP(プルーフ・オブ・ワーク)」なのです。

そもそも「お金」は信用によって成り立っている?

お金の価値とは、元々 「お金」いう媒体に「価値が有る」という認識をみんなが持っているから価値がたもたれています。つまり、「お金」はモノと交換できるという共通認識の上で成り立っているのです。

POP(プルーフ・オブ・ワーク)の仕組みとは?

POPでビットコインの信用を与える(創り出す)と述べましたが、どうやって創り出しているかと言うと、巧みにビットコインに関わるマイナー(採掘者)と呼ばれる人々の自己利益の追求を利用しています。

ビットコインには、「ブロックチェーン」と呼ばれる送金情報を情報の入ったブロックの鎖で繋げる機能があります。

この、個々のブロックには「問題」設定されており、一番にこの「問題」を解いた人が次のブロックを生成する事が出来ます。この「問題」とはコンピューターで計算する事で解くことができ、この作業を「マイニング(採掘)」と呼んでいます。

採掘者は問題を解くことで報酬を得る・・・

マイニング(採掘)を行うマイナーは、「問題」を解いた報酬として、ビットコインと送金手数料を受け取ります。この報酬の授受によりPOP(プルーフ・オブ・ワーク)の仕組みが破綻せず継続しているのです。 また、採掘に参加するマイナーが増えれば増えるほど「不正な情報」が入りこんだ時には、即座に発見され 攻撃される仕組みが成り立つのです。 イメージとしては、マイナー同士が不正をしないように監視し合っている様な状況です。

POP(プルーフ・オブ・ワーク)を支える中国

現在のPOP(プルーフ・オブ・ワーク)を支える国は中華人民共和国です。これは、採掘作業(マイニング)を行う際、コンピューターを使用しますが計算式を24時間解かせる為、莫大な電力を使用するからなのです。 その為、ビットコインが誕生てから約9年がたちますが、現在では日本で採掘作業をする場合には消費電力が大きすぎて元が取れないと言われています。

こうした事情により、ビットコインの採掘作業の9割程度は中華人民共和国で実施されていると言われています。

 

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com