新「仮想通貨虎の巻」ブログ

2017年に入り、急速に認知されている「仮想通貨」ですが、価格の高騰に伴い、仮想通貨投資に参加したいが良くわからなくて参加できないと思っている「仮想通貨初心者」の方に向け、仮想通貨とは何か?、仮想通貨へ投資する為にはどうしたらいいのかを分かり易く解説しています。

ザイフ長者現るか?

f:id:keep_it_100:20170819151311p:plain

現在の価格が恐ろしく上がっているザイフトークンですが、そろそろザイフ長者が出るのかもしれませんね(笑)

かなり安い時に買った人は、今ウハウハではないでしょうか?

この高騰ぶりには期待したいところですか、やっぱり要因は売りの少なさなんでしょうか?ザイフトークンは過去の記事でも書いた通り、仮想通貨取引所ザイフでの取引により功績都市て発行される様です。 現在では、売り板の方もなかな売りが出ていない為、高騰続いています。 

やっとザイフトークン(ZAIFトークン)の時代が来たという感じです。過去のザイフトークンに関する記事はこちら⇩⇩⇩

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 ザイフトークンばかりに目を奪われていたらいけませんよ!

現在ビットコインの高騰により陰に隠れてしまった、アルトコインたちですが、今が仕込み時だと私は感じていますから、過去の記事にランキングしているアルトコインには投資しています。 過去の記事がこちら⇩⇩⇩

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 


仮想通貨ランキング

ZAIFトークン(ザイフトークン)一時0.3円超え記録!!

仮想通貨界隈が賑わう事で、ようやくトークンエコノミーにもスポットライトが有ったっている様ですね!

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)の発行するザイフトークン(ZAIFトークン)についても本日いきなり価格が高騰する事態となりました。

これは、「COMSA(コムサ)プロジェクト」の影響なのかと思わせてれますが、仮想通貨取引所にまで「COMSA(コムサ)プロジェクト」の勢いが影響しているかもしれません。

現在の価格はZAIFトークン=0.3円を超えています。 最近まで1ZAIFトークン=0.1円程度でしたから皆さん驚いているといったところでしょうか?

当ブログではZAIFトークンの将来性に期待していましたが、握力の強かった仮想通貨投資家しかこのチャンスに乗れていない様ですね。

現在のチャートはこんな感じです。⇩⇩⇩

f:id:keep_it_100:20170818233746p:plain

仮想通貨ではよくある爆上げ状態です。びっくりしますが先見の目を持って投資された方にはそれなりの利益が有ったはず。

実際にザイフトークン(Zaifトークン)を持ち続ける「握力の強い人」はそこまでいない事は分かっていたので0.3円あたりで一旦多くの売りが有りましたね。

ザイフトークンは何故人気があるのか・・・

正直、私でも分かっていない・・って事ですがザイフトークン自体の情報が少なすぎる点がそもそも人気がある理由かもしれません。

使用用途は明確でないという事は、どの様に化けるかは買った人の想像の範疇です。とりわけ良いように考える人では、将来的に「爆上げ」すると思いますし、私もそういう考えの持ち主なので、「高騰する」事しか頭に有りません。

 ザイフトークン(ZAIFトークン)は1ZAIFトークンは0.1円まで行くのか?

ザイフトークンは1円まで行くか?という事については、何とも言え無いですね。実際には行って欲しいという思いは有りますが、手放す人は出てくると思いますし、そうした売りが出るとまた下落してしまう国内の事情がありますから。

ただ今は「COMSA(コムサ)プロジェクト」と言う材料が有りますからまだまで高騰は続くのではないかと期待しています。

元々、過去には1ザイフトークン(ZAIFトークン)0.4円位の時期もありましたから。

0.1円も夢ではないでしょうね。

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 


仮想通貨ランキング

COMSA(コムサ)プロジェクト開始まで、あと1ヵ月と15日です!

f:id:keep_it_100:20170818081342p:plain

テックビューロ株式会社が立ち上げるCOMSA(コムサ)プロジェクトですがCOMSAトークンセールまで1ヵ月と15日となりました。 以前から仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)ごご使用の方は登録されていると思いますがまだの人は、仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)で口座開設された方がいいですね。 登録まで1週間ほど時間を要しますので。

COMSA(コムサ)プロジェクトの登録者はどんどん増加している!

とにかく、注目度が高いCOMSA(コムサ)プロジェクトです。今月8月2日に情報が出回ってから一気に登録者数が増加し海外からの注目度も抜群です。

現在の登録者数ですが、なんと48,361人です。 情報公開からわずか2週間足らずでこの人数です。1日に大体3,000人位が登録している計算です。

確かにリフェラル特典プログラムを用意されているからといのもあるでしょうが、っそれほどまでに期待されているプロジェクトなのが伺えます。

COMSA(コムサ)プロジェクトに感心「大」な「ロシア」

特に今回、ロシアからの問い合わせも多いようですね・・・、結構ロシアは今後の仮想通貨取引に影響を与える国かもしれません。 実際プーチン大統領が2017年6月にイーサリアム開発者で有るブテリン氏と会話を交わしている事が記事に取り上げられている。

 ※参考までに記事を掲載します、引用は株式会社ZUUのFintechonlineサイトから。

ロシアの報道官の発表によると、両者の接触は2017年6月1日から3日まで開催されていた「サンクトペテルブルグ国際経済フォーラム2017」 で実現した。

プーチン大統領は世界各国から集まった大企業のCEOと接触した後、ブテリン氏とも「簡単な会話」を交わした。残念ながら詳細は明かされていないものの、イーサリアムやブロックチェーンに関する会話であったことは間違いなさそうだ。

プーチン大統領のような政府最高長官が仮想通貨に関心をいだいている事実は、仮想通貨を次のレベルへと押し上げる原動力となるだろう。

ブテリン氏はほかにも米国、英国、スイス、シンガポール、中国、台湾などの政府関係者と、「和やかな雰囲気の中で議論した」ことを認めている。余談ではあるがブテリン氏自身は6歳でカナダに移住するまでロシアで育ったため、英語のほかにロシア語も堪能だそうだ。

知らない人もいるかもしれませんが、ブテリン氏とはイーサリアムの産みの親で、仮想通貨ジーキャッシュなどにも携わっています。 仮想通貨に興味を持たれてので有れば要チェックな人物です。

Telegramで、ロシア語参加が1364人という衝撃

f:id:keep_it_100:20170818090620p:plain

テックビューロ株式会社の朝山社長はツイッターで、こうつぶやかれています。これって驚きですね。実際にロシアからの参加が多いのであれば、世界的な注目度がそれだけ高いと言う事です。

COMSA(コムサ)プロジェクトに参加するにはどうしたらいいのか?

なんか、仮想通貨良くわからないけどCOMSA(コムサ)プロジェクトは将来性が期待できるから投資したいとお考えの方、ちょっと待って下さい。

必ずCOMSA(コムサ)プロジェクトの「ホワイトペーパー」と呼ばれる特定の技術を説明した文書を読んで下さい。 このホワイトペーパーを読みもせず参加する人が後を絶たず、色んな情報がネットで飛び交うので混乱してしまう恐れがあります。まずは、必ず読んで理解してからです。

ホワイトペーパーのダウンロードと参加は、下記の「さっそくCOMSAへ登録する」から登録とホワイトペーパーのダウンロードが可能です。

これはホワイトペーパーの一部です⇩⇩⇩⇩

f:id:keep_it_100:20170818092738p:plain

 

f:id:keep_it_100:20170803220146p:plain

COMSA(コムサ)プロジェクトについて

このCOMSA(コムサ)プロジェクトについては、過去の記事でも書いていますので参考までに読んで頂ければ幸いです。 情報が有りあまり混乱する仮想通貨界隈ですが、情報収集は自己防衛ともなりますのでしっかり行っていく事が重要ですね。

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 


仮想通貨ランキング

「ビットコイン」「怪しい」検索する人が以外に多い実態・・・

f:id:keep_it_100:20170816221915p:plain

仮想通貨全体を牽引しているビットコインですが、現在(8月16日)のお値段は、1BTCで45万円程度ですね。一時1BTC=49万円を超え50万円を超えるかなと思いましたが、結局1BTC=45万円位で落ち着きそうです。

※価格は仮想通貨取引所コインチェックを参照しています。

今年5月頃から仮想通貨全体が盛り上がり、仮想通貨に投資しようかなと思われる方も増えたみたいでテレビ番組でもよく仮想通貨投資家の話が取り上げられるようになりました。

でも、やはり通常「仮想通貨」と言うものに馴染みが無いですし、何処にそれほどの価値が有り、何故値上がりするのか分らない内は「仮想通貨」「怪しい」と検索ワードを打ち込んでしまうのでしょう。

当ブログを見てくださる方は、 「仮想通貨」「怪しい」なんて検索する事は無いと思いますが、仮想通貨投資初心者向けに当ブログを立ち上げましたので、この「仮想通貨」「怪しい」と検索する方向けに今回は記事を書きたいと思います。

 

一体、何故「ビットコイン」「怪しい」と検索してしまうのか?

「ビットコイン」「怪しい」と検索するのは一体 何故なのか・・・、実は大体どの様な状況で「ビットコイン」「怪しい」と検索するのか検討はついています。 実際の私の体験談で恐縮ですが、私が仮想通貨投資を開始したのは昨年の5月頃です。その当時、仮想通貨界隈は現在の様に賑わう直前だったので、妻や友人といった近親者に「仮想通貨」の話をうまく出来ないというか、それこそ「ビットコイン」「怪しい」と言われる様な認知度でした。 その為、初めの投資金額3万円程度でしたが妻からすれば、夫が「ビットコイン」と言われる「怪しい」ものにお金を使おうとしていると思ったはずです。

これが、検索に「ビットコイン」「怪しい」と打ち込む最大の理由だと個人的に思っています。これは、友人に「ビットコイン」について、熱く語った時も同じ・・・、あなたの友人もあなたが真剣に「ビットコイン」について語れば語るほど、真剣に聞いてくれるとは思いますが、後で必ず「ビットコイン」「怪しい」と検索するはずです。

「ビットコイン」「怪しい」と検索させない為にはどうしたら良いのか?

結構、仮想通貨に投資する人で「妻には内緒で投資してます」って方が多いのですが、言ってしまえば楽なんですが言えば妻が「ビットコイン」「怪しい」と検索するでしょう。そんなめんどくさい事態を迎えたくないので、皆さん内緒だそうです。

では、「ビットコイン」「怪しい」と検索させない為にはどうすればいいのか?

それは簡単です。 まず、「お金」の仕組みを伝えましょう。そうすれば、何故 仮想通貨ビットコインに価値が出たのか説明がスムースです。

まず、「お金」は、それを使用する皆が「価値」を認めているから成り立っているのです。例えば、海外のお金をいきなり渡されて、1万円の価値が有るから1万円と交換してくれって言われたら断りますよね? これと同じで、日本人が日本円(1万円)の価値を共通認識として知っているから「価値」生まれているのです。

そして、この日本円の「価値」とは、日本という国が発行しているという裏付けが有って価値が保たれています。更に言うと、日本という国はアメリカの国債を大量に購入しているから日本という国が裏付けされていて、アメリカ国債は「金」で裏付けされています。 要は、最終的にお金とは本来の「金(ゴールド)」という裏付けで成り立っているのです。 そもそも、お金は「金」との引き換え券(トークン)の様なものです。

 どうですか、まだこの説明では 奥さんに「ビットコイン」「怪しい」と検索されそうですか~?

仮想のお金であるビットコインに何故「価値」が生まれるのか?

まず初めに、題名に書いていますが「仮想」のお金=仮想通貨というイメージが日本では定着していていますが、海外では仮想通貨では無く「暗号通貨」と呼ばれています。実際のところ、仮想通貨に詳しい人は「暗号通貨」と呼びます。 私の場合は、初心者の方対象なので「仮想通貨」と呼んでいますが通常「暗号通貨」と呼びます。

この、ネーミングのせいで余計に「ビットコイン」「怪しい」となってしまいますが、実際のところ「仮想」でも何でもありません。 ビットコインは改竄出来ない数列の塊なので改竄出来ませんし、「仮想」なんて言葉は似合いません。

実際、ビットコインの価値については世界共通認識で「価値」が有り将来性が有ると認められているから現在の値段になっています。 しかし、実際の価値の裏付けは「テクノロジーに対する期待値」に頼るものが多く何時、大暴落を起こすか分からないリスクも持ち合わせている事は理解して下さい。

また、ビットコインの価値を支える仕組みとして、「半減期」と呼ばれるマイニング報酬の半減が行われる仕組みや、それによるビットコインの発行数量の減少で希少価値が上がり価格の高騰が起きます。ここまで説明したら「ビットコイン」「怪しい」とは検索しないでしょうね。 もう検索ワードは「ビットコイン」「将来性」とかではないでしょうか?

まだまだ、「ビットコイン」「怪しい」と検索する様な友人・知人がおられたら当ブログを読んで頂いても良いですし、その他のブログでも紹介されておりますので「ビットコイン」「怪しい」と検索しなくなるまで調べられるのが良いかと思います。

「ビットコイン」「怪し」と検索する際の注意点!

最近では、仮想通貨自体の認知度が上がり仮想通貨を使用した「詐欺」まがいの投資案件が多数存在します。 とりわけ「ICO案件」には注意してくださいね、「ICO」とは未公開株を買うイメージです。その為、仮想通貨に投資するよりも更にリスクは増えますので少々勉強されてから挑戦する方が良いでしょう。

 現在の「ICO」案件で言えば、「COMSA(コムサ)」プロジェクトは将来有望ですから私は参加しています。 10月から公開されますが、現在事前登録期間となっていおり登録すると最新情報も得られますので登録する方がいいと思います。

f:id:keep_it_100:20170803220146p:plain

「ビットコイン」「怪しい」と思うので有れば仮想通貨取引所を覗いてみる事!

 ここまで記事を読んで頂いて「ビットコイン」「怪しい」と検索してしまうので有れば仮想通貨取引所を覗いてみましょう。 仮想通貨取引所への登録は無料ですし、登録も簡単です。また仮想通貨取引所は、仮想通貨の普及にも貢献しているので、ビットコインアルトコインなどの情報も満載ですから、下手に仮想通貨投資の記事を書いたブログを参考にするより内容の正確さが違います。

更に最近では「ビットコイン」「怪しい」と検索したくなるようなビットコインを投資に使う「ビットコイン詐欺」も横行しているので、特に仮想通貨について調べる際には仮想通貨取引所の情報を参考にした方が良いですね。 

仮想通貨初心者の方が使用しやすいアプリを出している仮想通貨コインチェックの公式サイトへはこちらをクリックする事で移動可能です。⇩⇩⇩

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

  

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 

 


仮想通貨ランキング

 

 

ビットコイン一時40万円代を記録!

世間はお盆休みに突入しましたね、それと同時にビットコインの価格はうなぎ登りですね。

本当にビットコイン価格が40万円代となりました!

f:id:keep_it_100:20170812103726p:image

それほどまでに、ビットコインの需要があるのでしょう、私としても本当に40万円代にこんなに早くなるとは思っていませんでしたので、どこまで高騰するのか、正直期待と不安があります。ビットコインが高騰すれば、アルトコインもつられて上がるのは最近の傾向ですから今後も期待できるのではないでしょうか。

今後も投資効果が期待できそうな仮想通貨銘柄はどれか?

今回のビットコイン40万円代の記録を踏まえて考えた時に今後も投資効果が期待出来る仮想通貨はイーサリアムかネムだろうと個人的には予測しています。

何故、イーサリアムとネムに今後も投資効果が期待出来ると予測するのか?

何故、イーサリアムとネムに投資効果が有ると予測するかと言いますと、やはり仮想通貨でのICO支援プロジェクトの『comsa』でしょう。

この『comsa』は仮想通貨で投資することとなりますので、comsaトークンを購入する際にはイーサリアムとネムが高騰するのでは?と思っているからです。

以前の記事に『comsa』について書いているので、詳細が知りたい方は要チェックです。

仮想通貨への投資をためらっている方に‥

現在のビットコイン価格を見ると怖くて投資できないよという方が殆どだと思います。

その感覚は正しいです。いまは正直、投資を行うにはリスクが大きいと思います。

まずは、仮想通貨取引所に登録を済ませて投資するチャンスを伺う事が無難かもしれませんね。

投資は自己責任とならますので、慎重に行うようにした方が良いですね。

 


仮想通貨ランキング

 

 

高校野球と同様に熱い夏を迎えている仮想通貨界隈!!

甲子園球場では熱い思いを胸に白球を追いかける高校球児が死闘を繰り広げておりますが、今年に入り仮想通貨界隈も熱く盛り上がっています。

最近の傾向では、仮想通貨ビットコインは高騰しっぱなしで、その他アルトコインたちも引きあげられるように軒並み価格が高騰しています。

正直、この価格の上昇は何が要因なのか分かりませんし、正直どこまで価格が上がるのか?って思います。

仮想通貨界隈最近の旬な話題

最近の旬の話題は「COMSA(コムサ)」ですね、これはテックビューロ株式会社が手掛ける仮想通貨を使用したICOを管理する仕組みですね。まずは第一弾で、このCOMSAトークンを10月に販売し資金調達するようです。 その後、その他の投資先が投資対象になるようです。

過去の記事にも書いていますので気になる方は読んでください。

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 仮想通貨取引所コインチェックのアフィリエイト報酬がビットコイン以外でも可能に!

最近のニュースでもう一つ嬉しい案件として、仮想通貨取引所コインチェックでのアフィリエイト報酬がビットコイン以外でも受け取り可能となりました。アフィリエイト報酬とは、紹介者報酬の事で、仮想通貨取引所コインチェックにあなたのコードから友人などが登録されるとあなたにアフィリエイト報酬が入るといった内容です。

これまでビットコインでの受け取のみでしたが、今後はアルトコインでも受け取可能ですからお好きな仮想通貨を増やす事が出来ます。

仮想通貨初心者の方は軍資金を稼ぐにはちょうどいいかと思います。

こちらも過去の記事に記載しているので載せておきます。

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 

仮想通貨ビットコインキャッシュの誕生という衝撃!!

仮想通貨ビットコインの分裂騒動で誕生した仮想通貨ビットキャッシュですが、中々の価格で推移していますね1BCH=33,000円位でしょうか?

結構なお値段ですね・・・、私はそこまで出すなら仮想通貨NEMを購入するかジーキャッシュに手を出しますが・・・。

まぁ、仮想通貨ビットキャッシュはこれから面白う所ですかね!

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 


仮想通貨ランキング

仮想通貨投資家は知っておいた方が良い「Mijin」の存在!! ZAIFトークン、COMSA(コムサ)話題が絶えないテックビューロ株式会社

f:id:keep_it_100:20170803054145p:plain

現在(8月6日)のビットコイン価格は37万円台になるなど凄まじい高騰ぶりですね、いち時22万円程度まで下がった時には誰もこれほどまで回復するとは思っていなかったはずです。

仮想通貨投資に関する情報が今年に入り急激にメディアに取り上げられ、「危険」「詐欺」など負のイメージから「仮想通貨億万長者」や「ビットコイン長者」などといったなど成功したイメージが伝えられている現在です。

結局、良くも悪くも話題がテレビに取り上げられる事で注目度が上がり、「これまで知っていたけど投資は怖くて出来ない」と思って投資を避けていた方などが、新規参入されている状況となりました。 最近ではNHKクローズアップ現代で取り上げましたね。


NHK クローズアップ現代 仮想通貨バブル

 

実際に、現在の仮想通貨取引所に関しては「安定して値上がりする可能性のある仮想通貨」が各取引所の選定により選ばれていますので投資するのは悪く無いのかもしれませんね。 ただ、今仮想通貨にばかり目を向けているといけないので今回少し違った角度から仮想通貨を見た場合、「Mijin」の様なプロジェクトに興味を持てるのではないかと思いますのでご紹介します。

「mijin」とは一体なんだ?

まず、簡単にMijinを理解するにはブロックチェーンについても知らなければならないのでこの動画を見てください。凄く分かり易いです⇩⇩⇩


mijin - 全ての人にブロックチェーンの力を

どうでしょうか?凄く分かり易いと私は思いましたが・・・ この動画

の無いようがイマイチ理解出来ないというという方は、過去の記事を参考に仮想通貨について理解された方が良いかもしれませんね・・

下記はMijin公式サイトより引用したMijinの説明文です。⇩⇩⇩

ビットコインの生みの親である中本哲史によって発明された「ブロックチェーン」技術。
それを誰もが簡単にプライベートP2Pネットワークとして利用できるように開発された汎用プラットフォームがmijinです。

自社内、もしくはパートナー間でのみ利用可能な「Permissioned Blockchain」環境を構築できるため、
「ゼロダウンタイム」というブロックチェーンの恩恵を得ることができるだけではなく、圧倒的なセキュリティレベルと高いパフォーマンス、そして大幅なコスト削減を実現します。

mijinの名は、忍者の武器である「微塵」に由来します。3本の鎖に分銅がついたこの武器は、敵を「微塵」に打ち砕くことからそう名付けられました。
mijinは、既存のデータ管理インフラの常識とコスト構造を打ち砕きます。

 ミジン(Mijin)は、企業向けのプライベートなブロックチェーンだと理解されれば良いかと思います。またザイカ(ZAICA)という仮想通貨取引所Zaifの仮想通貨(トークン)発行支援サービスにより企業向けにブロックチェーンの導入サポートをされています。

Mijinに興味を持ったから投資してみた「ZAIFトークン」

Mijinが将来的に企業に取り入れられる可能性の高いプライベートなブロックチェーンだという事が分かったと思いますが、ここに来てCOMSA(コムサ)というプロジェクトが発足した事で一気に普及する可能性が高まったと思います。また、COMSA(コムサ)プロジェクトが稼働すれば将来期待できそうなのが「ZAIFトークン」だと思ったので私は現在、激安なZAIFトークン投資しました。 

現在注目度の高い「COMSA(コムサ)プロジェクト」について

f:id:keep_it_100:20170803215846p:plain

仮想通貨界隈を賑わせている、テックビューロ株式会社さんが展開するCOMSAプロジェクトです。このプロジェクトは仮想通貨を使用したクラウドファンディングです。

このプロジェクトが開始されると、ベンチャー企業の資金調達が容易になり、これまで素晴らしいプロジェクトにもかかわらず投資家の一存により埋もれていたサービスが世に出てくる可能性や、COMSA(コムサ)プロジェクトにより、流動性のなかった仮想通貨に大きな転機が訪れるかもしれません。

f:id:keep_it_100:20170803205256p:plain

簡単に説明すると、企業と仮想通貨を使用する人を繋げるプロジェクトでありCOMSAトークンを使用した仮想通貨同士を結ぶサービスです。

このCOMSA(コムサ)プロジェクトのクラウドファンディングまで、あと2カ月を切りました。 現在事前登録中だったので私は登録しました。

興味がある方は、こちらより公式サイトへ移動できます。

f:id:keep_it_100:20170803220146p:plain

また、私の登録した時の記事も付けておりますので興味がある方は確認してください。

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com


仮想通貨ランキング

 

 

最近興味深い IOTA を調べてみた結果  〜ブロックチェーンとタングルの違い~

f:id:keep_it_100:20170806122135p:plain

最近話題の、「IOT」一般的にも言葉は普及していて、「モノのインターネット」なんて呼ばれ方もしています。簡単に言ってしまえば、物自体(家電)がインターネットに接続された状態のみならず、情報交換する事で互いに制御するといった未来技術です。 これが実現されれば、例えばウォーターサーバーの水の残量が自動的に送られ丁度無くなる時期に納品されるなどと言った未来が待っているのでしょうね・・

で、この「IOT」に絡む仮想通貨が存在するので、今回は、その仮想通貨「IOTA」について調べた結果を記事にしようと思います。

また、仮想通貨で有名な「ブロックチェーン」と違う「タングル」と言った技術も登場しますので、そのへんも仮想通貨投資初心者の方へ分かり易く伝えたいと思います。

 

仮想通貨「IOTA」とは・・・

仮想通貨IOTAとは、ブロックチェーンレスの仮想通貨で有り、極小で高頻度にトランザクションを処理する事が可能なプラットフォームを目指し作られています。

 

仮想通貨「IOTA」に使用される「タングル(tangle)」とは

ブロックチェーンと異なり、ブロックへ情報を書き込み前のブロックのハッシュを含むデータ構造を持たず、有効非巡回グラフを使用した分散型台帳技術です。

【タングルの特徴】

  • ブロックチェーンレス
  • ノードが一貫性を証明する際、POW(プルーフ・オブ・ワーク)する。
  • 手数料が掛からない

 仮想通貨IOTAの将来性は??

この仮想通貨IOTAの将来性を個人的に考えてみると、「IOT」の進み方では大いに将来性が有ると思われます。現在、「IOT」という言葉だけが広がっていますが、この「IOT」に必要な技術である インターネットとの繋がりですが、ただ繋がるだけでは意味が有りませんので、冒頭にお伝えした通り「IOT」を介して互いに管理しなけらばなりません、しかし管理する仕組みには「承認」いう作業が伴い、「IOT」を有した製品を生み出す企業に そうしたコストが掛かるのが現状でした。しかし「IOTA」のタングル技術を使用すれば、「IOT」化は促進されると思いますし実現されれば「IOTA」の価格は高騰する可能性を十分に秘めていると予想されます。

 

※要注目の「COMSA(コムサ)」について

 要注目です。仮想通貨初心者の方は特に見ておいた方が良いかもしれません。

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com


仮想通貨ランキング

 

 

ZAIFトークン激安サマーセールは何時まで続くのか?

前より当ブログでご紹介していZAIFトークンですが、ZAIFトークンに注目する仮想通貨投資家の数は増えてきた傾向にあるのではないでしょうか?

また、2017年に入り、仮想通貨バブルと呼ばれる時代の幕開けと共に、仮想通貨界隈では、IT技術に精通した方々のみならず、年配の方、若い方を含め、これまで仮想通貨投資に足踏みされていた方々が次々と参入されている事が本当に良くわかります。

私自身、仮想通貨に出会ったのが昨年の3月頃でしたので、一年を振り返ると、ホントに仮想通貨に出会ってからの一年ワクワクと刺激がいっぱいだったと思います。

基より、宝くじなどを購入して、夢見てワクワクするのが好きな性分なので、仮想通貨投資にがっちりハマってしまったのかもしれません。

ハマった結果、これまでの情報収集で苦労した点も含め、仮想通貨投資初心者の方を対象にした仮想通貨情報発信ブログを立ち上げるに至ったので、ホント1年間でこうも色々と変わったのが面白いです。

前置きが長くなりましたが、今回はZAIFトークンについて書きたいと思います。現在のZAIFトークンの価格は、1ZAIFトークン=0.00000033BTCであり本当に激安特価、サマーセール中と言っても過言ではありません。

ZAIFトークン価格の暴落原因とは・・・

このZAIFトークンの暴落に関しては、何が原因かなど詳細は一切分かりませんが、もとよりZAIFトークンの発行枚数や利用価値などについても よくわからないといった状況です。 過去の仮想通貨取引所Zaifのブログ記事では、明確な使用方法は記述されていませんが、しかし最近のZAIFトークンの使い道と言えば、仮想通貨取引所Zaifが実施されている全国に散りばめられた勾魂に関する使用方法です。⇩⇩⇩

 

f:id:keep_it_100:20170804234756p:plain

カラー勾魂はZAIFトークン建て取引可能というもの・・、実際に、ZAIFトークンの使い道が明確になったのです。 ビットコインで言うと「初めてピザ買った」瞬間に例えられるかもしれませんね。

ZAIFトークンは暴落しているけど大丈夫?

実際にZAIFトークンに1BTC分投資している私の立場から言うと、ZAIFトークンに将来性が有りますというに決まっています。

しかし、最近のZAIFトークンの暴落ぶりには、みなさん嫌気がさしているのではないでしょうか?

しかし、何の裏付けもない話ではありますが、ここ最近の「ZEN(ゼン)」や「COMSA(コムサ)」と言ったサービスが世の中に出ていくに当たり、もしかするとZAIFトークンの本来の目的は、「トークンエコノミー」が成立するか調査する為の実験だったの出は無いかと思うのです。

ZAIFトークンの謎の部分・・

 実際にZAIFトークンには、謎の部分が有ります。

それは、ZAIFトークンの発行数量と使い道です。 大きい内容ですね・・、実際にZAIFトークンの価値を支えているのは、仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)への期待です。

単純に、将来への期待がZAIFトークンを支えていると感じています。こいった事をかんげて行くと、ZAIFトークンは、「ZEN(ゼン)」や「COMSA(コムサ)」をリリースする為の布石の役割と、将来的に仮想通貨取引所と「COMSA(コムサ)」がジョイントした場合の取引用トークンになるのではないでしょうか?と考えているのです。

ZAIFトークンの価値が上がるのは、「COMSA(コムサ)」プロジェクトに掛かっている。

現在の状況から言うと、「COMSA(コムサ)」の成功がZAIFトークンの高騰を引きつけるのでないかと考えています。何故そんな事を言うかと言うと、下の「COMSA(コムサ)」の図を見てください。 

f:id:keep_it_100:20170803205256p:plain

 

 図を確認する限り、仮想通貨取引所ZaifとCOMSAが独自に取引しています。これは、ほぼZAIFトークンが使用される可能性が高いと感じています。故に、ZAIFトークンにとってCOMSA(コムサ)は価値を上げる重要なプッロジェクトと感じる訳です。

 

f:id:keep_it_100:20170803220146p:plain

 

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com


仮想通貨ランキング

 

テックビューロ株式会社が手掛けるプライベートブロックチェーン「Mijin(ミジン)」を中部電力へ提供開始!

仮想通貨界隈のバブル状態から早3ヵ月が立ち、8月1日の仮想通貨ビットコインキャッシュの話題から、その他の仮想通貨関連でも話題が持ち切りですね!

やはり注目する必要があるのが、仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」を運営されているテックビューロ株式会社さんの、「Mijin(ミジン)」、「COMSA(コムサ)」でしょう。

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 

仮想通貨投資初心者の方は、是非この2つのキーワードを調べて欲しいと思います。現在の仮想通貨界隈の流れとして、新規に発行される仮想通貨への投資については、ICOでの参加が殆どで、このICOも将来的には規制され詐欺まがいの案件が乱立する現在の状況を脱却すると思われます。

また、その中でCOMSA(コムサ)の様に仮想通貨を使用した資金調達ICOソリューションが今後中心となるの出は無いかと思います。

ベンチャー企業とICOとの相性は非常にいいと思われますので、このCOMSA(コムサ)の様なプロジェクトは非常に有効なのだと個人的に思います。

更にこうした、ICOと企業を繋ぐ事で、仮想通貨自体の結びつきを強化し仮想通貨ビットコインやイーサリアム、ネムの価値は更に上がるのではないかと期待しております。

f:id:keep_it_100:20170803220146p:plain

 

なお、テックビューロ株式会社が手掛けるもう一つのプロジェクト「Mijin(ミジン)」に関しては、中部電力が「mijin実証実験」をされるいうニュースが飛び込んできています。こうした流れは、実証実験が成功するにつれ当たりまえの様に「プライベートブロックチェーン技術」の活用事例が増え、今後されなる発展が期待できるのではないかと思っています。

詳細は「Mijin(ミジン)」公式サイトより引用させて頂きました⇩⇩⇩

テックビューロが、エネルギー分野でブロックチェーンの活用を検討する実証実験にmijin®を提供。

報道関係者各位

テックビューロ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:朝山 貴生、以下「テックビューロ」)は、中部電力株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:勝野哲、以下「中部電力」)にて行われた、エネルギー分野におけるブロックチェーンの活用を検討する実証実験に、インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、以下「インフォテリア」)と共に参加し、mijin®ブロックチェーンを提供しました。実証実験は2017年7月3日〜28日に開催されました。

 

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 

 是非、これからもテックビューロ株式会社さんの手掛けるビジネスが成功し、仮想通貨業界には更に発展してほしいと思います。