新「仮想通貨虎の巻」ブログ

2017年に入り、急速に認知されている「仮想通貨」ですが、価格の高騰に伴い、仮想通貨投資に参加したいが良くわからなくて参加できないと思っている「仮想通貨初心者」の方に向け、仮想通貨とは何か?、仮想通貨へ投資する為にはどうしたらいいのかを分かり易く解説しています。

2018年高騰が期待できる”ガチホ”決定な仮想通貨ランキング!!

f:id:keep_it_100:20170913045109p:plain

2017年は仮想通貨元年と呼ばれるほど仮想通貨(暗号通貨)が世間的に知名度を上げたのではないかと思います。実際には、まだまだ利用者も増えると思いますし 2018年に入ると一層加速するのでは無いかと思っております。

今回は、そんな仮想通貨(暗号通貨)で2017年に手に入れて”ガチホ”しておくべき仮想通貨(暗号通貨)をランキング形式でまとめてみました。

 

 

2018年を見越して”ガチホ”する仮想通貨はこれだ!

第一位:NEM(ネム)

2018年の高騰を期待してガチホしたい仮想通貨(暗号通貨)の第一位は仮想通貨NEMです。現在も日本国内ではかなりの人気を持っていて、今後の展開には国内仮想通貨投資家の注目が集まっています。 何故、それほどまでに注目されるのかと言うと仮想通貨NEMは、仮想通貨取引所Zaifを運営されているテックビューロ株式会社の「Mijin」と相互性が有る事や、そのテックビューロ社が進められている「COMSA(コムサ)」プロジェクト、または朝山社長がNEM.io財団の理事をされている事で、日本人からすればビットコインやイーサリアムよりもなじみやすい仮想通貨である事が挙げられます。

また、仮想通貨NEMに関しては他の仮想通貨と違いゼロからプログラミングされたモノで有る事から技術的な面から見ても魅力を備えています。

今後、仮想通貨NEMのプラットフォームを使用したICOプロジェクトも増える傾向となれば価格の高騰は必然的に起こると思います。

 

f:id:keep_it_100:20170709111529p:plain

 

第二位:AUGUR(オーガー)

仮想通貨Augur(オーガー)とは、仮想通貨イーサリアムのプラットフォームを利用し作り出された仮想通貨となります。このAugur(オーガー)の目的は、「未来予想」です。どの様なモノか一言でいうと「ギャンブル用の仮想通貨」と表現すると分かりやすいと思います。このAugur(オーガー)は、同元などの不正が出来ない公平で公正なカジノ運営などに使用される事が期待されます。

現在、カジノ法案などの話題が出ておりますがこうした国によるカジノ関連のニュースが2018年に出るようであれば高騰する可能性を秘めていると予想されます。

 

第三位:GAME(ゲーム)

仮想通貨GAME(ゲーム)とはその名の通りゲームに使用する仮想通貨となります。実際に仮想通貨GAME(GameCredits)を持っているだけで登録された様々なゲームをプレイする事が出来ます。既に仮想通貨GAME(ゲーム)を使用して「ファイナルファンタジー」など有名なゲームも購入可能となった様です。ゲームの市場は大きく仮想通貨の認知が国内でも広がれば更に高騰する事が期待されます。

現在、世界各国ではオンラインゲームが主流となっており、ゲーム内での共通通貨としての日本国内以外でのやり取りで世界共通で使用できる仮想通貨GAME(ゲーム)には利用メリットが多数あると言えるでしょう。

 

第四位:IOTA(アイオータ)

現在、仮想通貨などと並んでテクノロジー分野で注目を集めているIOTですが、俗に言う「モノのインターネット(Internet of things)」ですが仮想通貨にもその波が来ると感じます。モノのインターネットとは、モノがインターネットに接続し情報を共有し適切な判断までもしてしまうという様な未来型のテクノロジーです。この様な世界がすぐそこまで来ている現在では、仮想通貨IOTA(アイオータ)への期待は膨らみます。

この仮想通貨IOTA(アイオータ)は、送金手数料が掛かりません、この手数料が掛からない理由としては将来的に家電などモノのインターネットに使用する事を見越しているからです。技術的な事で言えば「tangle(タングル)」と呼ばれる技術を使用されています。ここでは詳細は割愛致しますが今後、この様な技術も増えると予想されます。

「tangle(タングル)」について知りたい方はこちらの記事を参照ください。

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 第五位:Ripple(リップル)

仮想通貨Ripple(リップル)は言わずと知れた仮想通貨ですね。この仮想通貨は2004年の開発より長い年月を掛けて現在の地位を築いており、その信用は世界の名だたる企業や銀行から支持されている事からも分かります。今回、ガチホ候補に入っている理由としては、今後の銀行への導入に期待する事とそうしたニュースを基に新規投資家の方が安心できる仮想通貨の投資先として選定する可能性が非常に高い点でランキングに入れております。あなたがもし、仮想通貨の知識が全く無く、投資するのであれば大手企業や銀行の投資先で有るRipple(リップル)は魅力的におもいませんか?そういった投資家の方がの動向にも目を向け仮想通貨ランキング上位に入っております。

仮想通貨ランキングの仮想通貨を手に入れるには?

仮想通貨ランキングの仮想通貨を手に入れるには、まず仮想通貨取引所へアカウント登録をして下さい。私の過去の記事にも仮想通貨取引所への登録方法を載せていますので参考にして下さいね!

仮想通貨ランキングの仮想通貨ですが一部国内では取り扱っておりませんのでご注意下さい。

お勧めの仮想通貨取引所はこちら⇩⇩⇩⇩

仮想通貨出ないが、高騰が期待されるザイフトークとは?

仮装杖がランキングに入れるか迷ったので特別枠で紹介することにしたザイフトークです。このザイフトークとは仮想通貨取引所ザイフが発行するトークンとなります。トークンとは引換券のようなものですが、カウターパーティーによりビットコインを使用します。簡単に言えばビットコインを、使用して作られた仮想通貨です。このザイフトークが今年にはいり高騰しています。9月の初めには暴騰し、ついにはコムサトークンをザイフ建で購入が出来ると言う事にもなりました。

現在、価格は安定しザイフトークンの存在も知れ渡った頃なので、コムサICOがはじまる前に手に入れたい仮想通貨です。

 

仮想通貨ランキングまとめ

今回、2018年高騰が期待できる”ガチホ”決定な仮想通貨ランキングをご覧いただきありがとうございました。今更ですが「ガチホ」とは「ガチホールド」の意味あいで使用しております。実際には2018年になってみないと分かりませんが、今後も仮想通貨ランキングの入れ替わりは有るものの、これまで以上に仮想通貨へ投資する方は増える見込みです。あくまで予想ですが、2020年の東京オリンピックまでには仮想通貨に対する認識は一定のものとなり銀行口座を作る感覚で仮想通貨取引所でアカウント登録(口座開設)されるのではないかと思います。しかし、仮想通貨ランキングをするとやはり仮想通貨NEMへの国内の期待は大きく仮想通貨NEM関連のニュースが最近増えていると感じます。また、今回の仮想通貨ランキングで取り上げた仮想通貨の中で国内取引所で扱われていない通貨もありますが海外の仮想通貨取引所では購入が可能です。法律的な関係もありますので海外での仮想通貨売買をされる際には十分にリスクヘッジや法令を遵守し投資される事をお勧めします。

 

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com


仮想通貨ランキング

 にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

仮想通貨を国税庁は雑所得扱いと認めた!

 

仮想通貨に投資する方がたが気にしているのが、そう税金です。仮想通貨の利益には税金が掛かるであろうと皆分かっていましたが、どの時点で税金がかかってくるのか、そして仮想通貨にはどの税金区分で納税義務があるのかはっきりしいていませんでした。

しさし、先日国税庁のホームページにて、仮想通貨は雑所得扱いで有る事がタックスアンサーに掲示されました。

内容は、こちら⇩⇩⇩ 国税庁の公式ページから引用しています。

No.1524 ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係

[平成29年4月1日現在法令等]

 ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、このビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象となります。

 このビットコインを使用することにより生じる損益(邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益)は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分されます。

(所法27、35、36)

 

仮想通貨が雑所得扱いになるとどうなるのか?

仮想通貨が雑所得扱いになると国税庁が認めたとなると一体どういった事になるのでしょうか?これは、税金の処理に関する違いが有りますので仮想通貨初心者の方で株式投資を行われている方はピンと来るかもしれませんが、下記の違いが有ります。

 

株の様な譲渡所得の場合

  • 売買で損失が出た場合、三年間「株」の利益から差し引ける
  • NISA枠の使用で「非課税」となる


仮想通貨の様な雑所得の場合

  • 売買で損失が出た場合でも株の様に利益から相殺出来ない
  • 他の所得との損益通算はできない

 

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

 

仮想通貨取引所ミスターリップルから新しく、Mr. Exchange (ミスターエクスチェンジ)をリリース

f:id:keep_it_100:20170906000729p:plain

仮想通貨取引を行う中で、初心者の方はあまり知っていないかもしれませんが、Mr.Ripple(ミスターリップル)という仮想通貨取引所が有ります。このMr.Ripple(ミスターリップル)という仮想通貨取引所は、登録者に777XRPを還元するという太っ腹なキャンペーンを実施する仮想通貨取引所で、リップルが高騰した際には一時有名になりました。

今回は、その仮想通貨取引所ミスターリップルが2017年9月15日をから新たに、

Mr. Exchange (https://mr.exchange)の社名変更及び新代表を迎えて活動される様ですので記事にしてみました。

 

まずは、Mr.Ripple(ミスターリップル)について

仮想通貨取引Mr.Ripple(ミスターリップル)について、は過去の記事を参照頂ければと思います。

なお、現在は登録で777XRPプレゼントのキャンペーンは行われていませんが77XRPのプレゼントは継続されていますので、登録をお考えの方は必見です。

また、777XRPを貰えるキャンペーン時に登録を行ったけど入金しておらず777XRPを貰っていないという方は、以前のキャンペーンは有効なので入金され777XRPを貰う事をおすすめします。詳しくはMr.Ripple(ミスターリップル)公式ホームページでご確認下さい。

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 

Mr.RippleからMr.Exchange(ミスターエクスチェンジ)へ社名変更

 今回、Mr.Ripple(ミスターリップル)の公式ホームページでも下記引用記事の掲載がされていました。なお、今回の社名変更に関し代表取締役も変わられたようです。

※記事はMr.Rippleの公式サイトより引用

 

この度、当社は、Mr. Ripple に変わる新たな暗号通貨取引所サービス Mr. Exchange (https://mr.exchange)のリリースを2017年9月15日に予定していることを発表いたしました。また、2017年8月7日、これに伴い当社商号を「株式会社 CryptedVault 」から「株式会社ミスターエクスチェンジ」へと改め、また代表取締役でありました江島良及びクリスプ優樹が退任し、新たな代表取締役として川畑裕介が就任しましたことをお知らせいたします。

当社取り扱い暗号通貨に関する、より充実した情報を提供し、サービスの応用性、機能性と安全性が更に向上された新たな Mr. Exchange を今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

Mr.RippleからMr.Exchenge(ミスターエクスチェンジ)となる事で取り扱い通貨が増える

今回のMr.Ripple(ミスターリップル)社名変更や代表取締役が変わる事で一番注目される事は、やはり取り扱い通貨の種類が増える事でしょう。現在メディアで言われているMr.Exchenge(ミスターエクスチェンジ)の取り扱い予定通貨は種類と言われています。


その内訳がこちら⇩⇩⇩ 

※朝日デジタルさんより引用 朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト

 

▼取り扱い通貨
リリース時点ではJPY以外で13通貨を取り扱います。
<取り扱い通貨一覧>
BTC(Bitcoin)
LTC(Litecoin)
ETH(Ethereum)
ETC(Ethereum Classic)
DOGE(Dogecoin)
XRP(Ripple)
REP(Augur)
BCC(Bitcoin Cash)
XLM(Lumens(Stellar))
ZEC(Zcash)
XMR(Monero)
DCT(DECENT)
USD(Tether USD)

 この結果から言うと、現在のMr.Ripple(ミスターリップル) よりかなり人気が出そうな感じがします。仮想通貨取引所としてもこれだけの通貨が取り扱える事は魅力です。

既にMr.Ripple をご使用の方必見!

Mr.Ripple(ミスターリップル) からMr.Exchenge(ミスターエクスチェンジ)へ移行について注意喚起がされていますので良く理解し対応しましょう。

※朝日デジタルさん記事を引用⇩⇩⇩

 ▼Mr. Rippleをご利用中のお客様へのお知らせ
Mr. Exchangeアカウントへの移行後、追加の本人確認が完了するまでの間、法定通貨を含む全ての通貨の出金に制限がかかります。なお、Mr. Rippleアカウントについては、Mr. Exchangeへのアカウント移行手続きを開始するまでの間、通常通り出金いただけます。
Mr. Rippleアカウントの移行サービスは、2017年9月末までの提供を予定しておりますが、期間に関しては告知なしに変更される可能性がございます。また、Mr. Rippleで本人確認が完了していない、または Mr. Exchangeの利用を希望されないお客様については、移行手続きを行う必要はございません。

 まとめ

 今回のMr.Ripple(ミスターリップル)からMr.Exchenge(ミスターエクスチェンジ)への変更ですが将来を見越しての対応ではないかと思います。個人的にMMr.Ripple(ミスターリップル)を使用している事もありますので正直な意見を言いますと、他の国内仮想通貨取引所と比較すると少し劣っている感じは否めませんでした。しかし、この変更により一気に国内仮想通貨取引所大手と肩を並べるかもしれませんので目が離せません!

 

f:id:keep_it_100:20170709162939p:plain

 

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村想通貨ランキング

ザイフトークンがCOMSAプロジェクトと連携?!仮想通貨界隈が賑わうトークンエコノミーへの期待!

f:id:keep_it_100:20170829214349p:plain

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)が、本日ザイフトークンの使い道について発表を致しました。しかし、この題名を見て勘違いしないで下さい。 

ザイフからの発表の最後の注意事項にも書いてありますが、下記注意書きがされていて技術的連携ではありませんので誤解が無いようにして下さい。

【注意事項はこちら】

Zaifのお知らせより引用しています。 

COMSAトークンセールにおけるZaif利用者特典の予定とその概要 | Zaif Exchange

  • ※引き続き、将来のZAIFトークンとCOMSAの技術的連携に関しましても検討をしておりますが、現在の所それに関して発表に至るレベルの決定事項はまだございません。

 仮想通貨取引所ザイフからのザイフ利用者特典の予定連絡

同じく、Zaifのお知らせより引用しています。 

COMSAトークンセールにおけるZaif利用者特典の予定とその概要 | Zaif Exchange

 

1. Zaif口座からの振り替えでCOMSAのトークンセールに払込が可能に

Zaifをご利用のお客様はOAuth認証を使って、Zaif口座からの振り替えによるネットワークフィー(送金手数料)なしでの迅速なCMSトークン購入が可能となります。
  • ※CMSとは、COMSAのトークンの略称とシンボル、そして単位を指します。
  • ※こちらの特典はCOMSA上での他のICO案件では提供されない場合があります。
  • ※なお、CMSトークンのプレセールは対象外となります。

 

2. ZAIFトークンでCMSトークンの購入が可能に

上記1における振り替え手段として、BTCやXEMなどに加えてZAIFトークン建てによるCMSトークンの購入が可能となります。
※こちらの特典はCOMSAのトークンセールのみが対象となります。COMSA上での他のICO案件は対象外となります。

 

3. ZAIFトークン建てのCMSトークン購入者にボーナスを付与

  • トークンセール初日の2017年10月2日から4日までの3日間に限定して、上記2のZAIFトークン建てによる振り替えで合計3,000CMS以上を購入したお客様全員に、2%分のCMSトークンをボーナスとして付与します。
※こちらの特典はCOMSAのトークンセールのみが対象となります。COMSA上での他のICO案件は対象外となります。

 このお知らせ何ですが、一応5項目まで有りますがザイフトークンで興味あるところだけに割愛しておりますので興味がある方は仮想通貨取引所Zaifにて確認下さい。

 

この発表を受けて、ザイフトークンは高騰するのか?

現在のザイフトークンの状況でこの発表ですから、高騰する可能性が高いのではないかと私は思っております。実際、ザイフトークンは当初、ネタトークンの位置づけだったのではないかと思いますが、ビットコイン同様に仮想通貨取引所ザイフを利用するユーザー間で期待が膨らみ今回のような状況になったと推察します。

ザイフトークンに関しては、COMSAプロジェクトの人気に引っ張られている感じですから 今回の発表で、ザイフトークンへの期待も一層強まるのでは無いかと思います。

f:id:keep_it_100:20170829212714p:plain

現時点で、1ザイフトークン=1.58円程度ですからもしかすると10円位まで行くのかなんて淡い期待をしています。

ただしCMSトークンをザイフトークンで買えると言うのにも注意点があり、引用記事をしっかり読んだ人は分かると思いますが「プレセールは対象外」って書いてありますよね、「プレセール」と「トークンセール」の記述などに関しては「COMSAのホワイトペーパー」を読んで十分理解してください。

今回のザイフトークンの高騰もCOMSAについてもですが、ちょっとした情報で翻弄されて狼狽売りなどが多く、資金を溶かしている方も多いようでよく相談されます。

とにかく、期待が大きいザイフトークンですが期待する事は大いに結構ですが注意する点もありますので、情報をよく読み解くよう心がけましょう。

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 


仮想通貨ランキング

 

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

デジタルバンク バンクエラのICOプレセール参加方法とBNKトークンの買い方(両替方法)

 

f:id:keep_it_100:20170828021134p:plain

 

仮想通貨NEM関連で今注目しているICO(Initial Coin Offering)案件、バンクエラについて今回は記事を書いて行きます。

8月28日よりプレセールが開始されてから順調な滑り出し出しのバンクエラです。

このバンクエラは仮想通貨NEM好きの方は要チェックな案件であり10月からはICOが本格的に始まります仮想通貨NEMに関する案件である為、来年の今頃には認知されていると期待しています。

この「ブロックチェーン時代の為のデジタルバンク バンクエラ(BANKERA)」について! バンクエラに参加するにはSpectoro Coinへの登録が必要です。

 公式サイトはこちらから

デジタルバンク「バンクエラ(BANKERA)」とは?

このバンクエラ(BANKERA)の目的は、これからの躍進するブロックチェーン時代のための「銀行(バンク)」を目指したICOプロジェクトです。

既存の銀行同様に色々な 金融商品を扱う事を目標に、ブロックチェーンを使用する事でカウンターパーティーを取り除き顧客の「銀行業務コスト 」をカットする事を目的とされています。

また、カウンターパーティーを取り除き直接的な取引をする事は、コスト削減のみならずリスクも削減可能だと言われています。

※カウンターパーティー:取引の相手

「バンクエラ(BANKERA)」の経営者は誰なのか?

デジタルバンクであるバンクエラの最高経営責任者は、ヴィタウタス・カラリャ―ヴィチェスという人物で、現在は ベル―の大学で博士号を取得中の人物だそうです。なお、ヴィタウタス・カラリャ―ヴィチェス氏は、英国のケンブリッジ大学で財務会計修士号を取得されているなどし、ダラム大学でもビジネスファイナンス学士号を取得している人物のようです。

 

デジタルバンク バンクエラ(BANKERA)の目的とは?

バンクエラ(BANKERA)の目的は、大きく分けて下記の3点となる。

バンクエラでの支払い

バンクエラで、個人的なIBAN、デビッドカード、ネットバンクレート、決済の代行や支払い口座管理などの「支払い」についてのサービスを提供する。

バンクエラでの預金とローン

バンクエラで預金をすると、借り手側のキャッシュフローに関する情報を基により高い金利を受け取る事が出来る仕組みです。

デジタルバンク バンクエラでの投資

デジタルバンク バンクエラでは上場投資信託(ETF)や暗号通貨投資ファンド、ロボットバイザーなど投資案件(商品)を提供する予定で有り、経営戦略的な資金調達など投資銀行サービスへの展開も予定されています。

デジタルバンク バンクエラ(BANKERA)の現在の歩み(ロードマップ)は?

f:id:keep_it_100:20170822215728p:plain

バンクエラの 今の状況は、プレICO段階となっており、ICOの本番は10月中旬が予定されている。現在ICO関連が盛り上がっており、10月に集中している事から更にバンクエラが注目を集める事が期待されるでしょう。

バンクエラ(BANKERA)のInitial Coin Offering(ICO)について

バンクエラ(BANKERA)の目的を達成する為に、ICOが行われますが、プレICOと呼ばれる8月28日~9月28日までの販売では、バンカーと呼ばれるトークンが発行されます。トークンはBanker:BNKとなります。

このバンカートークンですが、プレICOが終了すればすぐに仮想通貨取引所でとり引きが可能になる為、BNKトークンの流動性と価値が高まる可能性を秘めています。

なお、プレICOのトークン価格によりBNKトークンの上限発行枚数が決定される為、そのBNKトークン発行枚数に応じてICO期間中の価格が決定します。 価格は発行枚数により決まる為、下記の表で確認できます。

 

f:id:keep_it_100:20170822221033p:plain

バンカートークンを保有すると特典が有る?

BNKトークンを保有する事で、純取引利益配分額が利息として毎週支払われるシステムで有り毎週スマートコントラクトへ送金されます。この利益は、バンクエラの純取引利益の20%で構成されます。

また、BNKトークンを保有する事で、仮想通貨も配布されます。詳しくは⇩

 

f:id:keep_it_100:20170822222121p:plain

バンクエラ(BANKUER)まとめ

今回のバンクエラ(BANKERA)のプレICO案件のご紹介ですがいかがだったでしょうか?

本日、バンクエラのプレICO開始です。

バンクエラはデジタルバンクの先駆けとなる可能性を非常に高いと個人的に思っており登録してみました。また、私がバンクエラに注目したのは、バンクエラのアドバイザーとして、ドラゴンフライフィンテック代表で有り仮想通貨NEM.io財団の社長で有るロン・ウォン氏が参加されている為です。これは、バンクエラに期待するしかありません!

バンクエラICO への参加はこちらから 

バンクエラに参加するには、Spectro Coinで無料ビットコインウォレットの登録が必要です。公式サイトの右上の「ログイン」ボタン横で「日本語」に切り替えられるので詳細はご確認下さい。登録は簡単です!

 

f:id:keep_it_100:20170828021503p:plain

f:id:keep_it_100:20170828211754p:plain

 BNKトークンの買い方(両替方法)

現在プレICOが開始されたBNKトークンですがBNKトークンの買い方がイマイチ分からないという声が上がりましたので、簡単ですがBNKトークンの買い方(両替方法)をご説明します。実際、バンクエラプレICOが一時間前から始まっていますが、現状ではBNKトークンは買えませんでした。

両替用の選択肢にBNKトークンが出てきません。とは言えまだ始まったばかりですので暖かく見守りたいです。

BNKトークンを買う為に準備する事

まず、BNKトークンの買い方を見る前に仮想通貨を手に入れる必要があります。仮想通貨取引所へ登録されていない方は登録を行い、ビットコインもしくはイーサリアム、ダッシュやネムを購入しましょう。

おすすめの仮想通貨取引所はコインチェックです。登録方法は過去の記事で上げておりますので参考にして下さい。

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 BNKトークンの買い方

f:id:keep_it_100:20170828132934p:plain

まず、Spectro Coinで無料ビットコインウォレットの登録をすると上記の画面が出ます。上部のツールバーに「アカウント」と有りますので其方から入り、左した①のBNKを選択します。次に②の買うをクリックします。

f:id:keep_it_100:20170828133305p:plain

「買う」を選択すると上の画面に移動しますので、両替するアカウントを選択(これの場合はビットコインで購入)しBNKトークンと両替する数量(BTC)を決めます。そして受け取アカウントの選択肢から②のBNKを選び「送信する」をクリックすれば完了です。

f:id:keep_it_100:20170828211754p:plain

BNKトークン実際に購入出来ました!

今回、私のバンクエラでのBNKトークンへの投資額は0.39BTC です。実際にバンクエラプレICO開始時点では選択出来なかったBNKトークンでしたが先ほどトライすると選択出来ましたのでBNKトークンを0.39BTC 分購入してみました!BNKトークンの購入方法は、上で書いていますが、実際の購入をご説明します。

f:id:keep_it_100:20170828205045p:plain

上へ説明している通り、①のBNKトークンを選択します。次に②両替するBTC数量を選択します。最後は③の「送信する」をクリックして下さい。すると確認画面に移動し確認します。

 

f:id:keep_it_100:20170828205400p:plain

両替(購入)が完了した事を伝えてくれます。

f:id:keep_it_100:20170828205507p:plain

BNKトークンが両替(購入)出来ている事をご自身のウォレットへ移動し確認してください。私の場合は、ご覧の通りBNKトークンが140,751BNKトークンほど入っております。 

では、購入される方はSpectoroCoinへ登録しましょう。プレICOは、本日より1ヵ月間の9月28日までですのでお早めに!

f:id:keep_it_100:20170828211754p:plain

 

仮想通貨ランキング

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

ZAIFトークンはどこまで高騰するのか?何故、値上がりしたのか?

https://www.tradingview.com/x/gCbnbTVY

9月22日速報

8月30日に正式に仮想通貨取引所Zaifからザイフトークンの使い道についてCOMSAプロジェクトのCMSトークン買えますよとメールが有りましたね。

その為、ザイフトークンの価値はCOMSAプロジェクトに引っ張られる形となっております。

ザイフトークンの記事についても、3ヵ月前には私のブログ程度でしたが、一旦価値が上がるとなると出るわ出るわで ザイフトークンの記事だらけですね。

こうした状況ですが、実際 ザイフトークンに価値が上がる可能性が与えられてしまったのでこれからは、ザイフトークンの流通量が増やされない限り値下がりする可能性は低いと思われます。

 

9月22日速報

高騰下落を経験したザイフトークンでしたが、ZAIFトークンへの興味が沸いた方も大勢いた様で現在は、9月22日ですが、1ZAIFトークン=0.89円程度で推移していますね。

 ZAIFトークンが暴れている中でこっそりとバンクエラのプレICOが終了しました。あとは10月にICOが始まるだけです。バンクエラについてご存知無い方は過去の記事を参考にして下さい。

詳しくは下の記事で⇩⇩⇩⇩

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)が発行するZAIFトークンですが、一時期1ZAIFトークン=0.2円ほどだった価格から一週間程度で1ZAIFトークン=0.8円ほどの高騰を見せている。実際、Zaif(ザイフ)が発行するZAIFトークンはどこまで値上がりすのか?また何故、ZAIFトークンの価格がここまで高騰したのか?

ZAIFトークンとは・・・

まず、仮想通貨初心者の方で私のブログを見てくれていた方は、いち早くZAIFトークンへ投資したのではないでしょうか?また、投資された方は、現在の高騰で笑顔でチャートを見られているのではないでしょうか?

前置きが長くなりましたが、見てないよという方にZAIFトークンについて大まかにご説明致します。ZAIFトークンとは簡単に説明すると、仮想通貨取引所ザイフ(Zaif)が取引所での取引の功績として発行する独自トークンです。このZAIFトークンはカウンターパーティー上で発行され発行にはビットコインも使用されている、正真正銘のトークンです。発行枚数などは、仮想通貨取引所ザイフ(Zaif)により決められているので、ビットコインの様にプログラムで制御されていません。 

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 

ZAIFトークンの使い道は?

現在のところ、調べてもらっても分かる通り、ZAIFトークンの明確な使い道は不明です。しかし、いい加減なトークンで無い為、電子クズになる可能性は極めて低く、私も過去の記事で書いていますが、ビットコインとの分散投資に最適なトークンだと思っております。

ZAIFトークンは何故高騰したのか?

皆さんが知りたい所はZAIFトークンの価格の高騰理由でしょう。実際のところ、仮想通貨の高騰理由を述べる事は非常に難しいです。しかし、現在のZAIFトークンには、「可能性」という価値が付いています。

これは、ZAIFトークンを発行する仮想通貨取引所(Zaif)への期待であり、仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)を運営するテックビューロ株式会社への期待値です。

8月30日の現在では、高騰した理由はCOMSAプロジェクトのCMSトークンをZAIFトークンで購入できるキャンペーン情報が正式に出された事でしょう。実際は予定されている事である為、変更などはあるかもしれませんが皆さん期待大ですので価格が安定していて非常に良い感じです。

賛否両論あるみたいでZAIFトークン自体の話題で持ち切りですね。しかしCOMSAも既に登録者数が7万人を超えているので期待はされるでしょう。

しかし、心配なのは「ホワイトペーパー 」のダウンロード数が7万人に大して少ない事ですかね・・・、ホワイトペーパー読みもしないで聞いた情報だけで投資してんの?って思ってしまいます。くれぐれも投資は自己責任ですから慎重に。

ZAIFトークンに期待を持たせるCOMSAプロジェクトとは?

ZAIFトークンに期待を持たせる一つの理由としてCOMSAプロジェクトが有ります。

このCOMSAプロジェクトは10月にICO(Initial Coin Offering)が行われるプロジェクトで有り、そのプロジェクトには仮想通貨取引所Zaifが関わっています。非常に大きなプロジェクトで有り注目度も世界的に高い状態です。 こうした影響でZAIFトークンは高騰していると思われます。

過去の記事で詳細を書いていますので、気になる方は見てください⇩⇩⇩⇩

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 

私なりのZAIFトークンに対する見方

私は現在150万ZAIFトークンを所有していますが、現在ZAIFトークン=0.9円程度ですから、150万円ほどになっています。 私が一気に買った時期が0.2円程度だったので今回の高騰は有りがたいです。 

f:id:keep_it_100:20170826111338p:plain

しかし私は、10月が過ぎてもまだ価格が上がると予想しています。 ZAIFトークンの始めの価格を皆さんご存知無いかもしれませんが、1ZAIFトークン=0.000048BTCほどの価値でした。⇩の画像の一番下の2016/7/31の価格の事です。

f:id:keep_it_100:20170826111420p:plain

(16年7月時点)当時のビットコイン価格が1BTC=8万円程度だったと思いますが、当時の価格で1ZAIFトークン=2.88円程度だったのです。それから見ると、現在のZAIFトークンは、まだまだ高騰する見込みを持っていると感じます。

ZAIFトークンに少々お疲れのあなたには、「バンクレア」!

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 

 

 

 


仮想通貨ランキング

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

仮想通貨取引所コインチェックからザイフへの乗り換えが多くなっている?!

 

仮想通貨投資をされている方は、はじめどこかの仮想通取引所から始められますが、ここ最近、仮想通貨投資家のホーム取引所の変更が増えているようです。

これは、手数料やその仮想通貨取引所の使い易さで仮想通貨を売買するホームグラウンド(取引所)を替えるといった現象です。

 

コインチェック(CC)からザイフ(Zaif)への乗換が増えている?

実際、仮想通貨取引所コインチェックは、初心者投資家にはぴったりなアプリが有り売買がかなりスムーズにできます。これは凄く利点ではありますが、仮想通貨投資を短期売買で行いたいとか、指値で必ずトレードしたいなんて思いが出ると物足りなくなります。仮想通貨コインチェックは入門者には最高の取引所だと思いますが、少し慣れてきた人は他の取引所が気になるもの・・・

実際チャットなどでも仮想通貨取引所コインチェックから移動したという投資家も徐々に増えてきています。

仮想通貨取引所コインチェック(CC)からZaif(ザイフ)へ乗り換える理由は?

まず、現状では乗り換えた理由の一つとして、10月2日に開始される「COMSA(コムサプロジェクト)」の関係だと思われます。この「COMSA(コムサ)プロジェクト」ですが仮想通貨取引所ザイフ(Zaif)でコムサトークンが売買出来るからです。

詳しくは過去の記事を参照ください⇩⇩⇩

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

コインチェック(CC)からザイフ(Zaif)への乗り換えが増えた理由その2

実際、仮想通貨取引所コインチェックからの乗換が多くなって来ましたが、それと同時にこれまで沼に漬かりきっていた「ザイフトークン」が一気に高騰するといった事態となりました。これまで、「ザイフトークン」を購入し続けていた方は良い感じでしょう。私も過去よりザイフトークンへの期待を書いた記事を上げていましたからザイフトークンがようやく来たといった感じです。

このザイフトークンの高騰により落ち目気味のビットコインからの投資資金の流入も起こっているのでは無いかと思います・

過去のザイフトークン記事はこちら⇩⇩⇩⇩

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 

コインチェック(CC)からザイフ(Zaif)への乗り換えが増えた理由その3

やっぱり、仮想通貨取引所コインチェック(CC)からの仮想通貨取引所ザイフへの乗り換え理由の本命は「COMSA(コムサ)プロジェクト」でしょう。

このプロジェクトの参加者は既に52,750人となっています。(2017年8月20日現在)

10月まであと42日有りますが、この様子では、10月までに10万人は集まる可能性も秘めています。現状は、規制は掛かっていませんが、もしかすると登録に規制が掛かるかもしれません。(あくまで予測)

詳しくは、過去の記事を参照願います。 

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 


仮想通貨ランキング

 

ザイフ長者現るか?

f:id:keep_it_100:20170819151311p:plain

現在の価格が恐ろしく上がっているザイフトークンですが、そろそろザイフ長者が出るのかもしれませんね(笑)

かなり安い時に買った人は、今ウハウハではないでしょうか?

この高騰ぶりには期待したいところですか、やっぱり要因は売りの少なさなんでしょうか?ザイフトークンは過去の記事でも書いた通り、仮想通貨取引所ザイフでの取引により功績都市て発行される様です。 現在では、売り板の方もなかな売りが出ていない為、高騰続いています。 

やっとザイフトークン(ZAIFトークン)の時代が来たという感じです。過去のザイフトークンに関する記事はこちら⇩⇩⇩

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 ザイフトークンばかりに目を奪われていたらいけませんよ!

現在ビットコインの高騰により陰に隠れてしまった、アルトコインたちですが、今が仕込み時だと私は感じていますから、過去の記事にランキングしているアルトコインには投資しています。 過去の記事がこちら⇩⇩⇩

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 


仮想通貨ランキング

ZAIFトークン(ザイフトークン)一時0.3円超え記録!!

仮想通貨界隈が賑わう事で、ようやくトークンエコノミーにもスポットライトが有ったっている様ですね!

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)の発行するザイフトークン(ZAIFトークン)についても本日いきなり価格が高騰する事態となりました。

これは、「COMSA(コムサ)プロジェクト」の影響なのかと思わせてれますが、仮想通貨取引所にまで「COMSA(コムサ)プロジェクト」の勢いが影響しているかもしれません。

現在の価格はZAIFトークン=0.3円を超えています。 最近まで1ZAIFトークン=0.1円程度でしたから皆さん驚いているといったところでしょうか?

当ブログではZAIFトークンの将来性に期待していましたが、握力の強かった仮想通貨投資家しかこのチャンスに乗れていない様ですね。

現在のチャートはこんな感じです。⇩⇩⇩

f:id:keep_it_100:20170818233746p:plain

仮想通貨ではよくある爆上げ状態です。びっくりしますが先見の目を持って投資された方にはそれなりの利益が有ったはず。

実際にザイフトークン(Zaifトークン)を持ち続ける「握力の強い人」はそこまでいない事は分かっていたので0.3円あたりで一旦多くの売りが有りましたね。

ザイフトークンは何故人気があるのか・・・

正直、私でも分かっていない・・って事ですがザイフトークン自体の情報が少なすぎる点がそもそも人気がある理由かもしれません。

使用用途は明確でないという事は、どの様に化けるかは買った人の想像の範疇です。とりわけ良いように考える人では、将来的に「爆上げ」すると思いますし、私もそういう考えの持ち主なので、「高騰する」事しか頭に有りません。

 ザイフトークン(ZAIFトークン)は1ZAIFトークンは0.1円まで行くのか?

ザイフトークンは1円まで行くか?という事については、何とも言え無いですね。実際には行って欲しいという思いは有りますが、手放す人は出てくると思いますし、そうした売りが出るとまた下落してしまう国内の事情がありますから。

ただ今は「COMSA(コムサ)プロジェクト」と言う材料が有りますからまだまで高騰は続くのではないかと期待しています。

元々、過去には1ザイフトークン(ZAIFトークン)0.4円位の時期もありましたから。

0.1円も夢ではないでしょうね。

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 

 

 


仮想通貨ランキング

COMSA(コムサ)プロジェクト開始まで、あと1ヵ月と15日です!

f:id:keep_it_100:20170818081342p:plain

テックビューロ株式会社が立ち上げるCOMSA(コムサ)プロジェクトですがCOMSAトークンセールまで1ヵ月と15日となりました。 以前から仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)ごご使用の方は登録されていると思いますがまだの人は、仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)で口座開設された方がいいですね。 登録まで1週間ほど時間を要しますので。

COMSA(コムサ)プロジェクトの登録者はどんどん増加している!

とにかく、注目度が高いCOMSA(コムサ)プロジェクトです。今月8月2日に情報が出回ってから一気に登録者数が増加し海外からの注目度も抜群です。

現在の登録者数ですが、なんと48,361人です。 情報公開からわずか2週間足らずでこの人数です。1日に大体3,000人位が登録している計算です。

確かにリフェラル特典プログラムを用意されているからといのもあるでしょうが、っそれほどまでに期待されているプロジェクトなのが伺えます。

COMSA(コムサ)プロジェクトに感心「大」な「ロシア」

特に今回、ロシアからの問い合わせも多いようですね・・・、結構ロシアは今後の仮想通貨取引に影響を与える国かもしれません。 実際プーチン大統領が2017年6月にイーサリアム開発者で有るブテリン氏と会話を交わしている事が記事に取り上げられている。

 ※参考までに記事を掲載します、引用は株式会社ZUUのFintechonlineサイトから。

ロシアの報道官の発表によると、両者の接触は2017年6月1日から3日まで開催されていた「サンクトペテルブルグ国際経済フォーラム2017」 で実現した。

プーチン大統領は世界各国から集まった大企業のCEOと接触した後、ブテリン氏とも「簡単な会話」を交わした。残念ながら詳細は明かされていないものの、イーサリアムやブロックチェーンに関する会話であったことは間違いなさそうだ。

プーチン大統領のような政府最高長官が仮想通貨に関心をいだいている事実は、仮想通貨を次のレベルへと押し上げる原動力となるだろう。

ブテリン氏はほかにも米国、英国、スイス、シンガポール、中国、台湾などの政府関係者と、「和やかな雰囲気の中で議論した」ことを認めている。余談ではあるがブテリン氏自身は6歳でカナダに移住するまでロシアで育ったため、英語のほかにロシア語も堪能だそうだ。

知らない人もいるかもしれませんが、ブテリン氏とはイーサリアムの産みの親で、仮想通貨ジーキャッシュなどにも携わっています。 仮想通貨に興味を持たれてので有れば要チェックな人物です。

Telegramで、ロシア語参加が1364人という衝撃

f:id:keep_it_100:20170818090620p:plain

テックビューロ株式会社の朝山社長はツイッターで、こうつぶやかれています。これって驚きですね。実際にロシアからの参加が多いのであれば、世界的な注目度がそれだけ高いと言う事です。

COMSA(コムサ)プロジェクトに参加するにはどうしたらいいのか?

なんか、仮想通貨良くわからないけどCOMSA(コムサ)プロジェクトは将来性が期待できるから投資したいとお考えの方、ちょっと待って下さい。

必ずCOMSA(コムサ)プロジェクトの「ホワイトペーパー」と呼ばれる特定の技術を説明した文書を読んで下さい。 このホワイトペーパーを読みもせず参加する人が後を絶たず、色んな情報がネットで飛び交うので混乱してしまう恐れがあります。まずは、必ず読んで理解してからです。

ホワイトペーパーのダウンロードと参加は、下記の「さっそくCOMSAへ登録する」から登録とホワイトペーパーのダウンロードが可能です。

これはホワイトペーパーの一部です⇩⇩⇩⇩

f:id:keep_it_100:20170818092738p:plain

 

f:id:keep_it_100:20170803220146p:plain

COMSA(コムサ)プロジェクトについて

このCOMSA(コムサ)プロジェクトについては、過去の記事でも書いていますので参考までに読んで頂ければ幸いです。 情報が有りあまり混乱する仮想通貨界隈ですが、情報収集は自己防衛ともなりますのでしっかり行っていく事が重要ですね。

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 

 

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

kasoutsuukatoranomaki.hatenablog.com

 


仮想通貨ランキング